閉じる
住宅ローン

住宅ローンが苦しいときの対処法5選と後悔を乗り超えた実話を紹介

「住宅ローンの返済が苦しいときはどうしたらいい?」

「住宅ローンを滞納してしまった人はどうやって解決した?」

住宅ローンの返済が苦しいときには、上記のような疑問が出てきます。

住宅ローンは額も大きく、返済が苦しくなると不安です。

しかし、住宅ローンの返済が苦しくても、すぐに行動すれば対処法はあります。

本記事では、住宅ローンが苦しいときの対処法や相談先、住宅ローンを滞納するとどうなるのかを解説します。

最後には、実際に住宅ローン地獄を乗り越えた方の実話も紹介したしますので、現状を打破するヒントになるため、ぜひ最後までご覧ください。

JKAS_住宅ローン_リード文_記事下 (1)

住宅ローンで生活が苦しい時に見直すこと

住宅ローンで生活が苦しい時に見直すこと

住宅ローンは支出の中でも大きな割合を占めるため、家計への負担が大きいです。

そのため、住宅ローンの支払いで生活が苦しくなるケースも珍しくありません。

 住宅ローンの支払いが苦しくなったら、まずは他の支出を見直しましょう。 

他の支出を改善すると、住宅ローンへお金を回せる場合があります。

見直すべき項目は下記2つです。

  • 固定費を見直す
  • 生活レベルを下げる

固定費を見直す

固定費とは、家賃や水道光熱費などの毎月一定額で発生する費用です。

 固定費を改善できれば、毎月住宅ローンへ回せるお金が増えます。 

主に見直すべき固定費は、下記の4つです。

  • 保険代
  • 通信費
  • 車やバイクのローン
  • 水道光熱費

保険は年齢やライフスタイルの変化による不安から、必要以上に加入しているケースがあります。

本当に必要な保険なのか、もっと安い保険はないのかを確認しましょう。

通信費は、今やどの家庭にも必要な固定費です。

Wi-Fiや携帯キャリアの料金は、目まぐるしく変化しています。

長らく通信費を見直していない場合は、格段に安くなる可能性が高いです。

車やバイクのローンも家計を圧迫する要因の一つです。

本当に必要な出費なのか、ローンの借り換えはできないかを検討しましょう。

水道光熱費は会社によって大きく料金が変わります。

通信費とセットで安くなるプランもあるため、見直してみましょう。

生活レベルを下げる

家庭の生活レベルも見直してみましょう。

生活レベルとは、収入に対して適切な支出になっているかを測る指標で、生活レベルを下げると家計に余裕が生まれます。

 食費や家具家電の購入などの変動費を安くすると、生活レベルを下げられます。 

具体的には外食を減らして自炊をする、ブランドものではなくより安い代替品を使うなどです。

生活レベルは一度上げると、後で下げるのは難しいです。

しかし、見直すことで家計に大きな改善が見られます。

住宅ローンの返済が苦しい場合は、生活レベルを見直してみましょう。

住宅ローンを借りすぎて苦しい!後悔したときの対処法5選

住宅ローンを借りすぎて苦しい!後悔したときの対処法5選

 家計の見直しでも改善せず、本格的に住宅ローンの返済が苦しいと後悔したら、金融機関や不動産会社との交渉が必要です。 

少々手間がかかりますが、生活を楽にするために行動を起こしましょう。

住宅ローンの返済が苦しくなったときの対処法と相談先は、下記の通りです。

対処法 相談先
住宅ローンの返済条件を変更する 金融機関
住宅ローンを借り換える 金融機関
マイホーム借り上げ制度を使う 一般社団法人「移住・住みかえ支援機構」
任意売却する 不動産会社・弁護士など
債務整理する 市役所の相談窓口・弁護士など

住宅ローンの返済条件を変更する

相談すると、返済期条件の変更(リスケ)に応じてくれるケースがあります。

相談できる主な内容は下記の項目です。

  • 返済期間を延長する
  • 一定期間、返済額を減額する
  • ボーナス払いを中止・減額する
  • 一定期間、返済の猶予をもらう

リスケができると返済が楽になりますが、必ず応じてもらえるわけではありません。

相談が遅れるほど状況が厳しくなり、リスケに応じてもらえる可能性は低くなります。

住宅ローンの返済が苦しいと感じたら、早めに金融機関へ相談しましょう。

住宅ローンを借り換える

 リスケに応じてもらえなかった場合は、住宅ローンの借り換えで返済を楽にする方法もあります。 

ただし、借り換えにも費用がかかったり、手続きが複雑だったりするため、慎重に内容を確認しながら進めましょう。

各金融機関の公式サイトで、借り換えのシミュレーションができます。

このようなサービスを使い、よりよい契約内容にしましょう。

マイホーム借り上げ制度を使う

 マイホーム借り上げ制度とは、50歳以上の方が所有しているマイホームを借り上げ、安定した家賃収入を得られる公的制度です。 

一般社団法人「移住・住みかえ支援機構(JTI)」が実施している制度で、マイホームの所有者がJTIへ家を貸し出し、JTIが入居希望者へ家を提供します。

特徴として、空室でも家賃収入が保証されます。

通常、空室だと家賃は発生しません。

しかし、マイホーム借り上げ制度ではJTIが家を借り上げているため、空室中も家賃収入が入ります。

ただし、50歳以上という制限があったり、借り上げられた家には住めなかったりします。

家賃収入が入れば住宅ローンの返済に回せるため、制度を使える方は検討してみましょう。

任意売却する

 任意売却は、住宅ローンが残っていても家を売却できる方法です。 

通常、住宅ローンが残っている状態では家を売却できません。

しかし、金融機関の合意を得て、特別に「任意売却」という形で家を売却する方法があります。

任意売却ができれば、家の売却金額を住宅ローンの返済に回せます。

完済はできませんが、住宅ローン残額の大部分を返済可能です。

ただし、任意売却には金融機関や連帯保証人の同意が必要で、必ずできるわけではありません。

債務整理する

 債務整理は自己破産とも呼ばれ、地方裁判所に申し立てを行い、債務をゼロにする制度です。 

債務がなくなるため、住宅ローンの返済から解放されます。

しかし、債務整理をすると官報に住所や氏名が載ったり、手続きから5年〜10年はクレジットカードが作れなかったりします。

デメリットが大きいため、債務整理はどうしても返済のめどが立たない場合の最終手段です。

債務整理を検討するときは、一度市役所の相談窓口や弁護士に相談しましょう。

住宅ローン滞納でも今の家に住み続ける方法

\ 10秒で完了 /

資料を無料ダウンロードする▶︎

住宅ローンが苦しいときの相談先4カ所

住宅ローンが苦しいときの相談先4カ所

 住宅ローンの返済が苦しいときは、一人で抱え込まずに相談しましょう。 

時間が経つに連れて状況が悪化するため、早めの相談がおすすめです。

しかし、住宅ローンの相談先は複数あり、どこに相談していいか迷ってしまいます。

それぞれの特徴を把握し、自身に最適な相談先を選びましょう。

主な相談先は下記の4つです。

  • 住宅ローン返済支援エージェント
  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • 不動産会社
  • 金融機関

住宅ローン返済支援エージェント

 住宅ローン返済支援エージェントとは、客観的な立場でサポートしてくれる住宅ローンの専門家です。 

相談先によって解決方法はだいたい決まっています。

しかし、住宅ローン返済支援エージェントに相談すれば、相談者に合った最適な方法で解決が可能です。

住宅ローンの返済に困ったときのあなたの相談窓口」では、何度でも無料で相談できます。

どこに相談すればよいかわからない場合は、まず住宅ローン返済支援エージェントに相談してみましょう。

FP(ファイナンシャルプランナー)

 FP(ファイナンシャルプランナー)はお金についての知識を持った専門家であり、住宅ローンの相談もできます。 

FPに相談すると住宅ローンのみならず、お金全般の相談ができるのがメリットです。

家計管理や貯蓄、資産運用についても相談できます。

ただ、FPは力量に差があります。

住宅ローンについての知識が乏しいFPがいるのも事実です。

そのため、FPに相談する場合は住宅ローンに詳しい方を探しましょう。

不動産会社

 不動産会社に相談すれば、マイホームの査定から売却まで請け負ってくれます。 

家を売却する方法に限定されてしまいますが、「住宅ローンの返済が苦しい」という根本の問題は解決可能です。

ただ、査定価格とローン残額は一緒とは限らず、不動産会社によって査定額は変わります。

戸建が得意な業者、マンションが得意な業者などそれぞれ特徴があるため、必ず複数社に相談しましょう。

一括で査定を依頼できるサイトもあります。

自身にとって最適な不動産業者を探すため、まずは一括査定サイトを使うのもおすすめです。

金融機関

 住宅ローンを借りている金融機関も相談先の一つです。 

リスケの相談をすれば、返済期間を延ばしてもらったり、一定期間返済額を減らしてもらったりできます。

住宅ローンの借り換えをしたときの相談もでき、現実的なお金のことを相談できます。

直接的な解決につながるケースも多いです。

ただ、お金の相談ということもあり、信用が大事です。

住宅ローンをすでに滞納している状態だと、取り合ってくれない可能性もあります。

住宅ローンの支払いが苦しいと判断したら、迅速に相談しましょう。

住宅ローンが苦しいときでも滞納してはいけない3つの理由

住宅ローンが苦しいときでも滞納してはいけない3つの理由

 住宅ローン返済で一番大事なのは、滞納しないことです。 

住宅ローンの返済を滞納すると、今後の生活に影響するデメリットもあるため、しっかり把握しておきましょう。

住宅ローンの支払いが苦しいときでも、滞納してはいけない理由は下記の3つです。

  • ブラックリストに載る
  • 連帯保証人に迷惑がかかる
  • 財産を差し押さえられる

①ブラックリストに載る

 一般的に言われるブラックリストは、信用情報機関の事故情報を指します。 

事故情報とは、クレジットカードや住宅などのローンを滞納したり、破産したりすると登録されるリストです。

ブラックリストに載ると、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ったりできなくなります。

期間としては5年〜10年登録されるため、リスクは大きいです。

②連帯保証人に迷惑がかかる

 住宅ローンを滞納すると督促状が届くようになりますが、それでも支払えないと連帯保証人に請求が送られます。 

請求が送られると、連帯保証人との信頼関係を保ち続けるのは難しいです。

最悪の場合、連帯保証人の財産が差し押さえられ、人生を壊してしまう可能性もあります。

連帯保証人に迷惑をかけないためにも、早くから行動を起こしましょう。

③財産を差し押さえられる

 住宅ローンを滞納した場合、財産を差し押さえられるケースがあります。 

財産を差し押さえられたら、家が競売にかけられ、相場の7割ほどの値段で売却されます。

さらに、住宅ローンの一括返済も求められ、苦しい状況になります。

財産の差し押さえまでは何回か書面が届き警告されますが、警告の前に行動を起こすのが賢明です。

苦しい住宅ローン地獄を乗り越えた2つの実話

苦しい住宅ローン地獄を乗り越えた2つの実話

最後に、実際に住宅ローンの返済に苦しんでいた方の実話を紹介します。

無事に解決し、今では住宅ローン地獄を抜け出している方の例のため、参考になるはずです。

 実際の解決事例を知り、住宅ローン問題を解決するイメージを持ちましょう。 

住宅ローン以外にも多額な借金が重なり苦しい状況になった

Hさんは、お父様が住宅ローンを組んで購入した家に住んでいました。

しかし、住宅ローン以外に多額の借金が重なり、次第に返済が困難になります。

弁護士や不動産会社に相談しても解決できなかったため、住宅ローン返済支援エージェントに相談しました。

すると、 今までなかった解決策を提示してくれたおかげで、迅速な解決へと繋がりました。 

解決の糸口が見えなくてもあきらめず、行動を起こしていたからこその結果です。

Hさんの詳しい事例はこちら

転職で収入が減少して住宅ローンの支払いが困難になった

一戸建てを購入したAさんでしたが、勤務先の会社の経営悪化により転職をすることになりました。

しかし、なかなか転職先が見つからず、貯金も底をついて住宅ローンの返済が困難になってしまいます。

銀行へリスケの相談に行きましたが、滞納実績があったために審査が通りませんでした。

そこで住宅ローン返済支援エージェントに相談し、任意売却を決めます。

 無事に任意売却は完了し、今までの住宅ローンよりも低い賃料で新たな賃貸の部屋を見つけられました。 

行動を起こしたことにより、金銭的・精神的に余裕が生まれた良い例です。

Aさんの詳しい事例はこちら

また、他の解決事例もぜひご覧ください。他の方の解決事例を知ると、自身の問題解決につながります。

他の解決事例はこちら

まとめ:住宅ローンが苦しいと後悔した際はまずは相談しましょう

住宅ローンで生活が苦しくなったら、すぐに行動を起こす意識が大事です。

まずは、固定費や生活レベルを下げるなど、できるところから始めましょう。

家計改善で対応できない場合は、金融機関や不動産会社への交渉が必要です。

交渉できると、住宅ローンの負担を大きく減らせます。

ただ、必ず交渉できるわけではないため、なるべく早く行動を起こしましょう。

住宅ローンを滞納するとブラックリストに載り、日常生活でも多くのデメリットが生じます。

ブラックリストに載らないよう、住宅ローンの返済が苦しいと感じたらすぐに相談しましょう。

住宅ローンの相談先はいくつかありますが、相談先によっては解決方法がパターン化されているケースは少なくありません。

最善の方法を提案されないことも多々あります。

住宅ローンの返済に困ったときのあなたの相談窓口」では、専門知識を持った住宅ローン返済支援エージェントに相談可能です。

客観的な立場でアドバイスできるため、お客様にとって最適な解決方法をご提案いたします。

相談は何度でも無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

JKAS_住宅ローン_リード文_記事下 (1)