住宅ローン以外に借金を抱えてしまっている方

多重債務者の方の住宅ローン返済について

住宅ローンの返済でお困りの方の中には住宅ローン以外の借金も抱えている方がいらっしゃいます。
その住宅ローン以外の借金を整理することで月々の負担が軽くなり、住宅ローンの支払いを続けることができる場合があります。

住宅ローン以外の債務の整理方法

1.任意整理

  • 住宅ローン以外の債務について、金融機関と交渉して債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らし、現在の支払いよりも負担を軽くすることができる手続きです。
  • 裁判所を通さずに、弁護士が間に立って依頼者と毎月無理なく支払える返済額を協議し、金融機関と和解交渉をしていきます。
  • 利息を免除すれば3年以内に完済できる見込みのある人が利用でき、裁判所を通さないので簡易的な手続きで済ませることができます。
  • 保証人に迷惑をかけずに済むことができます。
任意整理は、影響を及ぼしたくない借金を避けて手続きすることができるため、住宅ローンを任意整理の手続きから外して行うことができます。
任意整理を利用して住宅ローンを支払い続けることにより、住宅を手放さずに済むことができます。

2.個人再生

  • 将来継続的に収入の見込みがある人が利用できます。生活保護を受けている方や専業主婦等定期的に収入が得られない場合は利用できません。
  • 裁判所を介して利用することになります。
  • 住宅を手放さず、借金の減額等を通じて自己再生を図ることができます。
  • 借金は5分の1にまで減額されます。(100万円を下回ることはありません。)
個人再生の住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を利用して、住宅ローン以外の債務を圧縮し、住宅ローンは払い続けることで住宅を残すことが出来ます。
任意整理、個人再生の違い
任意整理、個人再生どちらも住宅を残すことができることに変わりがありませんが、違いを簡単にまとめると下記の通りになります。
任意整理
相手方を選べたり、資料の準備が必要なかったり、手続きが比較的簡単にできるけど、債務減額の効果はあまり高くない。
個人再生
裁判所を介して全債権者を相手にする必要があり、資料は大量に用意する必要があり、手続きは大変だけど、債務を減らす効果は非常に大きい

3.自己破産

  • 自己破産は原則借金の返済が全て免責されます。
  • 滞納している税金は免責にならないということには注意が必要です。
  • 自己破産できる条件は下記の通りです。
    • 支払いが不能であること。
    • 過去7年以内に自己破産の免責を受けていないこと。
  • 自己破産のデメリットは下記の通りです。
    • 現在価格が20万円を超える財産、99万円を超える現金は回収されてしまう。
      →所有不動産も売却されてしまいます。
    • 職業に就くことが制限される。
      →保険募集人、警備員、宅地建物取引士、税理士、司法書士などの士業等、特定の資格が必要な職業等
    • 自己破産の事実が官報に掲載される。

多重債務でも住み続けたい方へ

多重債務を抱えていて住宅ローンの支払いに困っている、家を手放したくないなどの悩みをお持ちの方は、まず、住宅ローン返済支援エージェントにご相談ください。
お客様の希望に沿った条件の整理や債務整理専門の弁護士を紹介させていただきます。
住宅ローン返済支援エージェントを探す

多重債務者の方の住宅ローン返済についての動画

住宅ローンが払えない!債務整理〜3つの方法

 

住宅ローン以外の借入(カードローン、消費者金融、教育ローン、車ローン)が多く多重債務に陥った時に大事なこと

 

住宅ローンと消費者金融の多重債務者の解決事例をご紹介します!【住宅ローンを滞納しそうな方へ】

 

マイホームは残したまま借金を圧縮できる個人再生とは

 

多重債務者についてのコラム

個人再生後の住宅ローンはどうなる?早くローンを組む方法とは

「借金が膨らんできた」「住宅ローンの返済を滞らせてしまった」 このような方はいらっしゃいませんか。 様々な理由で借金は生 […]
>続きを読む

住宅ローンは任意整理後でも組めるのか?借り入れ時の注意点を解説します

任意整理後に住宅ローンを借りようとお考えの方はいらっしゃいませんか。 任意整理後は、住宅ローンや無担保ローンは厳しくなり […]
>続きを読む

多重債務者について法律相談をサポートする専門家

柴田 行康

マザーズ法務司法書士事務所

住所
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-4-6ハイホーム五反田403
Tel
0120-282-026
Eメール
info@mo-legal-jikou.com
HP
https://www.mo-legal.jp
 
保有資格
・司法書士
・宅地建物取引士
・FP2級
マザーズ法務司法書士事務所 
柴田 行康からのメッセージ
「先生に相談したら気持ちが楽になり、前向きに考えられるようになりました。 住宅ローンを整理したら、安心して普通の生活ができるようになりました。」と言われることに喜びを感じてます。

14年間で4800人以上の方の借金の整理を実際に行ってきて、いつも皆さんに言われるのが、「ローンを整理したら普通の生活ができるようになった。もっと早く相談していれば、良かった。」という、言葉です。 住宅ローンの相談は勇気がいると思いますが、まずは思い切って連絡してみてください。

借金の整理方法は、任意整理、個人再生、自己破産、任意売却等色々ありますので、自分にあったやり方で行うのがベストだと思います。一緒に考えて行きましょう。

谷貝知紀

台東総合法律事務所

住所
〒110-0003
東京都台東区根岸1-1-26-504
Tel
03-5246-4851
Eメール
yagai@taito-law.net
HP
http://www.taito-law.net/
 
保有資格
・弁護士
・相続診断士
台東総合法律事務所 
谷貝知紀からのメッセージ
私は長年、債務整理、相続、離婚等を得意とする事務所で勤務した後、地元である東京都台東区で開業いたしました。
大きな法律事務所ですと、法律相談をしてくれた先生が気に入ってお願いしたのに、依頼した後は、実際にはその先生が担当してくれず、 経験の浅い弁護士の担当になってしまった、ということがよくあります。
しかし、弊所の場合は、私が法律相談から解決まで責任を持って担当させていただきます。
住宅ローン問題はご自身やご家族の人生を左右しかねない大きな問題であり、周囲の人々に中々打ち明けることが難しいことが多いと思います。 また、特に住宅ローンと関連する個人再生は、大々的に得意分野であると広告を出されている事務所でも不正確な説明をしてしまうような分野です。
そんな時は、是非実績のある専門家にお悩みをご相談ください。共に悩み考えベストな方法をご提案させていただきます。

三谷 淳

未来創造弁護士法人

住所
〒105-0001
東京都港区虎ノ門5-11-2
オランダヒルズ森タワー17階
Tel
0120-710-878
Eメール
info@mirai-law.jp
HP
https://www.mirai-law.jp
 
保有資格
・弁護士
・税理士
・社会保険労務士
未来創造弁護士法人 
三谷 淳からのメッセージ
住宅ローンの支払い条件の変更や、お住まいの売却条件は、ご相談いただくタイミングが早ければ早いほどいろいろな選択肢を選べることが多いです。
分からないことや不安なことがある方は、ぜひ法的な手続や交渉の実績が豊富な弁護士に相談してみてください。