閉じる
お役立ちコラム

住宅ローンが返済できない?相談先はどうすれば良いの?

「住宅ローンが返済できなくなった時はどうすれば良いのかな」
「住宅ローンを滞納しないためにできることが知りたい」
住宅ローンについてお悩みの方で、このように考えている方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回はそのような方へ向けて、住宅ローンを滞納した際の流れや滞納する前にできることをご紹介します。

□住宅ローンを滞納した際の流れについて紹介します!

まずは、住宅ローンを滞納してしまった際にはどのような流れで物事が進むのかをご紹介します。

最初は、督促状が届きます。
金融機関によって違いますが、住宅ローンを滞納してから3ヵ月以上経過した場合に金融機関から督促状が届くケースが多いです。

督促状には、滞納分の支払いの期限などの内容が記載されていて、この期限を過ぎると分割返済が不可能になってしまいます。
期限を経過した後は金額に関係なくローン残債を一括払いするしか方法がなくなってしまうので、注意しましょう。

次は、期限の利益の喪失です。
滞納から6ヵ月が経過すると期限の利益損失通知という書類が届きます。
難しく聞こえますが、これは住宅ローンの支払い方法が分割払いから一括払いのみに変更されたことを知らせる書類です。

続いて、競売開始決定の通知がきます。
競売にかけられることが決定すると、その内容を告知する競売開始決定通知書が届きます。
この段階では、競売にかけるのに必要な情報を得るために不動産鑑定士などが物件調査を行い、価格を算出します。
その際には室内の設備などを確認するために立ちあいを求められることもあります。

そして、競売入札期間の通知がきます。
その期間に落札希望者が希望の価格を入札し、最も高い金額で入札した方がその物件を購入できます。
このタイミングを逃してしまうと、任意売却に切り替えることができなくなってしまい、競売以外の方法が使用できなくなります。

最後は、立ち退きです。
物件が落札されると、所有権が落札した方に移るので、不法滞在していることになってしまいます。
新しい所有者との立ち退き交渉が行われ、この流れは終了します。

□住宅ローンを滞納する前にできることとは?

まずは、銀行に相談して返済期間を延長してもらうことです。
相談する時期は、住宅ローンの返済を負担に感じるようになってきたらです。
金融機関側も、払えなくなって競売にかけられるよりも返済を続けてもらって利息収入を得る方が良いので条件変更などの対策を一緒に考えてくれるでしょう。

また、銀行に相談して元金据え置きにしてもらうこともできます。
これは、一定期間毎月返済額を利息分のみにする方法です。
失業などといった特別な理由がある場合によって一時的に返済が苦しい場合にはこの方法を使っても良いでしょう。
ただ、元金据え置きを終了した際には借り入れ当初よりも返済期間が延びてしまうか、毎月の返済額が高くなって総返済額も増えてしまうことには注意しましょう。

そして、低金利の住宅ローンに借り換えることもできますね。
ただ、借り換えには手数料がかかりますので、借り入れ先の金利が現在の金利水準とあまり変わらなければ手数料でマイナスになってしまう可能性もあります。
金利が2パーセント以上の高めの金利で返済をしているならば、借り換えの効果があるでしょう。

□住宅ローンの間違った対処方法をご紹介!

消費者金融から借り入れをして住宅ローンの支払いをすることはやめましょう。
住宅ローンの金利は2パーセント程度が相場ですが、消費者金融やクレジットカードの金利は15パーセント以上もかかります。
一時的に住宅ローンの支払いはできても、結局借金の額が増えるだけですのでやめておきましょうね。

毎月の支払額より少ない金額で支払いをするのも間違った対処方法です。
1円でも多く支払いたいという誠意は理解できますが、毎月決まった金額の支払いをしなければいけないのが住宅ローンです。
もし、毎月少しは支払っていても支払額に足りていないと、いずれは競売にかけられてしまいます。

では、ローンの返済ができなくなってきた場合、どのような対処方法が良いのでしょうか。

それは、住宅ローン返済支援エージェントに相談することです。
住宅ローン返済支援エージェントは、たくさんの選択肢から相談者様の状況に合わせて方法を吟味します。
そして、金融機関に相談するのか、弁護士などの専門家に相談するのか、住宅ローンを借り入れするのか、リースバックするのかなどたくさんの選択肢から選んでいただけます。

そして、吟味して決定した相談先をご紹介します。
これが、住宅ローンを返済できなくなった際にするべき対応方法です。

□まとめ

住宅ローンが返済できない際の流れや住宅ローンを滞納する前にできることをご紹介しました。
住宅ローンを滞納する前にできることは、銀行に相談する、低金利の住宅ローンに乗り換えることなどです。
お客様の状況に合った方法を探すためにも、ぜひ住宅ローン返済支援エージェントを利用してみてくださいね。

監修者情報



一般社団法人 住宅ローンに困ったときのあなたの街の相談窓口
代表 西上 正通

・所在地
〒542-0081
大阪市中央区南船場4-10-4


・事業内容
住宅ローン返済支援コンサルティング

・電話番号、FAX番号
TEL:06-6251-1611
FAX:06-7639-2419

・代表メッセージ
私もかつては住宅ローンの支払いが滞り辛い経験をした一人です。ですが今では自己破産もせず、家も手放さず、家族と幸せに暮らしています。

あの時、私自身が乗り越えた経験、またその後の膨大な数のご相談から得た知識を最大限に活かし、あの頃の私と同じように今悩まれている方々のお役に立てれば、との想いでJKASを立ち上げました。

・SNS情報
Facobook

 

編集ポリシー


当サイト『住宅ローンに困ったときのあなたの街の相談窓口(JKAS)』は、住宅ローン・債務整理・任意売却・競売の専門家監修のもと、住宅ローンの返済にお困りの方を減らしたいという想いで運営をしているWebメディアです。

住宅ローンに困ったときのあなたの街の相談窓口(JKAS)の記事編集者は、以下の項目を守り、記事編集を行ってまいります。

1、住宅ローン・債務整理・任意売却・競売の専門家として、質の高い情報をお届けいたします

2、法令を遵守した記事内容をお届けいたします

3、中立的な立場として情報をお届けいたします

 


下記お悩み別ページで解決法を知ることができます。

競売・任売について